吾輩はギターリストである

名前はまだ無い

 

ここではギターを手にし、どう弾いていくかという行程をブログでダラダラと書き記して行きたいと思う

漠然とブログを始めたのだが、書くことがこういう事しか思いつかなかったのである

だが、そのうち機材の紹介や猫の自慢などもしていきたいと思っている

 

話はそれてしまったが、ギターの弾き方である

ギターという楽器は天才でもない限り、いきなり弾けるものではない

それに、弦、ピックなどは消耗品なので、ある程度の頻度で替えなければいけない

だが、そういう話はまたの機会にしておき、まずは弾き方である

 

ギターというのは通常、弦が6本あり(多弦ギターだと7本や8本などもある)一本一本弦を弾く方法(単音弾き)やコードと呼ばれる複数の弦を一気に弾く方法がある

そして、楽曲でのギターの役割としては、コード弾きが大半をしめるのではないだろうかと私は考える

ギターは指板を押さえて音程を決め、ピック(指で弾く人もいる)で弦を震わせて音がでる

まずはそれを頭に入れておくといいと思う

 

私の過去の経験として、まず覚えたのはパワーコードと呼ばれるものだ

コードとは2つ以上の音を一度に鳴らす奏法だ

そして、パワーコードとはギターの指板の2つのポジションを押さえガツンと弾く奏法である

ロックな音がする

もう一度言うが、ロックな音が出るコードである

基本的な形だが、下記画像を参考にして頂きたい

そしてピックを持った方の手では押さえた2本の弦をガツンと弾くといいだろう

これがパワーコードである

ロックへの第一歩である

基本的な形としてはルート、5度を押さえるのだが、初心者にルートや5度などと言ってもわからないだろう

ようは人差し指を6弦の5フレットを押さえた場合、中指(または小指)で5弦の7フレットを押さえればOKである

これが5弦の5フレットを押さえた場合、4弦の7フレットを押さえるという一個下に下げた押さえ方もある

その場合は6弦は鳴らさないようにしなければいけない

人差し指の先っちょで6弦を軽くさわってミュート(弦がふるえないようにする)するか、ピックで弾く弦を5弦、4弦だけ弾くといい

だが、最初は弦の弾き分けは難しいと思うし、ミュートはギターをしていくうえで覚えなければいけない方法なので、ミュートはできるようにしておいた方がいいだろう

ミュートを制するものは世界を制すると言っても過言ではない

話がそれたが、これがパワーコードの押さえ方である

後はピックを持った手で弦をかき鳴らせばロックなギターの完成である

パワーと言う名前がついている通り、パワフルな音が出る

アンプに繋いでオーバードライブなり、ディストーションなどをかけるといい音が出るだろう

この奏法で大切なものは勢いである

ガツンと弾くといい

では、健闘を祈る

 

ランキングに参加しています

ポチッとクリックお願いします

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村


音楽ランキング

音楽・PVランキング