ギターと言うものは様々なジャンルで演奏される楽器である

そのジャンルで使い分けができるように様々な形に進化し、現在は多くのタイプに分かれている

そして、初心者がギターを弾くということは手元にギターがあるということになる

今回はギターの種類に注目していきたいと思う

これからギターを買おうと思っている方の参考になればと思う

 

まずは、クラシックギターだ

クラシックギターは基本クラシックな音楽を奏でる時に使われるギターだ

弦はエレキギターとは違い、ナイロン弦が張られている

ガットギターとも呼ばれる

基本的にはピックアップはついておらず、マイクで音を拾う事が多いが最近のものはピエゾピックアップがついていて、PAに送り大きな会場でも大きな音を出すことができるが、マイクで空気感まで音を拾う方がギターの特色を活かせるのではないかと私は思う

中が空洞となっている為、そこそこの音量がでる

 

次はフラメンコギターとなる

 

フラメンコギターはフラメンコを演奏する時に使われるギターだ

弦はクラシックギターと同じくナイロン弦となる

クラシックギターと似ているが、音がクラシックギターとフラメンコギターでは異なる

そして、大きな特徴としてはゴルペ板というピックガードと似たものがボディに貼ってある

フラメンコでは奏法でボディを叩くのだが、その時にボディが凹んだり傷ついたりしないようにゴルペ板を貼るのだ

このギターもピックアップがついているものとついていないものがある

フラメンコギターもクラシックギター同様、中が空洞となっている為にそこそこの音量がでる

 

次はアコースティックギターだ

アコースティックギターとは主に弾き語りに用いられるギターだ

アンサンブル(編曲)で静かなギターの音が欲しい場合も使われる

弦はナイロンではなく、スチール弦が張られている

そして、クラシックギター、フラメンコギターと同様に中が空洞となっている為、そこそこの音量が出る

昔のものはピックアップが無いものが多いが、現代の音楽事情で最近のものは大抵ピエゾピックアップがついているものが多い

そして、スチール弦が張られている為に、マグネティックピックアップでも音を拾うので、マグネティックピックアップを装着してるモデルもある

路上で生歌で弾き語りをする場合はそのまま生の音でも十分に音量は足りる

現在、色々な形のものも売られている

 

そして、エレキギターだ

エレキギターは様々な形のものがある

全て把握するのはとてもじゃないが難しいので、代表的なものプラスαを紹介していきたいと思う

そして、エレキギターとはエレキ(電気)を使って音を出すギターの総称である

なので、上で紹介したクラシック、フラメンコ、アコギ(アコースティックギター)もピックアップを装着し、電気でスピーカーから音を出せればエレキギターなのである

主に、ナイロン弦のギターをエレガットギター、スチール弦のものをエレアコと呼ぶ

だが、これらはロックの激しい曲ではあまり必要とされない

これから紹介していくギターは大きなアンプにギターを繋いでデカイ音を出す、そういったギターだ

 

では、まず最初にテレキャスターだ

テレキャスターは最初のソリッドギターとしてフェンダー社が売り出したと言われている

ソリッドと言うのはボディの中が空洞ではなく、板状となっている

ピックアップは基本的にはシングルがフロントとリアに2つついている

ネックはメイプルワンピースが定番だが、近年は貼りメイプルのものも多いし、様々な木を使った指板のネックがついているものも多く販売されている

ローリング・ストーンズのキース・リチャーズが使用しているのが有名だ

音はローリング・ストーンズのキースの演奏をユーチューブなどで聴くと参考になるのではないか

基本的にジャキジャキとする音が鳴る

 

そして、次はストラトキャスターだ

ギターの完全体と言ってもいい程の形、完成度の高いギターだ

開発したのはフェンダー社である

特徴としてはシングルピックアップがフロント、センター、リアと3つあり、それぞれセレクターで切り替えができる

更に、アームと言われる弦を引っ張ったり緩めたりしてピッチ(音程)を変える装置がブリッチに取り付けられている

これにより、アーミングプレイが可能となる

ネックの指板は様々なものがあるがローズウッド指板のメイプルネックが定番ではないだろうか

他にも高級木材のハカランダ、廉価な木材が使われているものも多数ある

音は様々なミュージシャンが使っているが、私個人的な好みで言えばジミ・ヘンドリックスの音を聴くのがいいのではないか

 

そして、ストラトキャスターと双極を成すレスポールだ

このレスポールというギターはギブソン社が開発したギターとなる

特徴としてはピックアップがハムバッキング、ピックアップカバーがプラスチックでは無く金属、フロントとリアに2つ搭載されている

このハムバッキング・ピックアップだが、2つのシングルピックアップを合わせて作ってあり、構造上、ノイズを相殺してノイズが出にくい構造となっている

だが、ニュアンスが出にくいというデメリットもある

シングルピックアップはニュアンスが出やすいがノイズが多い、ハムバッキング・ピックアップはノイズが少ないがニュアンスが出にくいのである

そして、ネックだが、フェンダーはネジでボディにとめてあるボルトオンに対して、このレスポールはセットネック方式となり、ネジなどは使わずにボディに直接接着されている

アームは基本的には無いが、ビグスビーなどが付いたモデルであればアーミングができるレスポールもある

更に、ネックの長さがフェンダーは25 1/2インチ、647.7mmに対して、24 3/4インチ、628.65mmとなっている

フェンダーは主にフェンダースケール(レギュラースケール)と呼び、ギブソンはギブソンスケール(ミディアムスケール)と呼ばれる

ネックの長さが短い事によって、弦の張り具合が緩くなり、サスティンが伸びるという現象が起きる

だが、その分ハリがある音が出ないというデメリットもある

レスポールと言えばやはり、レッド・ツェッペリンのジミーペイジだ

音はユーチューブなどでレッド・ツェッペリンの動画を観て参考にしてくれ

 

2つの代表的なギターを紹介したが、フェンダーを選ぶかギブソンを選ぶかは好みの問題だ

 

次はフルアコースティックギターだ

このフルアコースティックギターと呼ばれるものはボディの中が空洞となっている

アコースティックの鳴りをエレキにのせて音を出せるというスグレモノである

使っているミュージシャンと言えばブライアン・セッツアーではないだろうか

ブライアン・セッツアーの超絶テクニックをユーチューブで確認すれば、フルアコを欲しいと思うことは間違いない

 

そしてセミアコースティックギターである

セミアコースティックギターとはボディのセンターにセンターブロックと呼ばれる木があり、空洞になっているのは両脇だけとなる

ソリッドギターとアコースティックギターの両方の良さを併せ持つギターである

音を参考にするといいミュージシャンだが、やはりBBキングではないか

ユーチューブでBBキングのブルースを聴けばセミアコの良さが伝わってくると思う

 

そして、決まった名称はないが、メタルなどパワフルな音楽を演奏する為に進化したギターがある

高出力なピックアップ、アップ、ダウンと大きく振れるように開発されたフロイドローズアーミングシステム、より早くフレーズを弾く為にネックは薄めになり、ギラギラと攻撃的なさまざまな形のメタルギターが生み出されている

こういったギターは主にメタル、ハードコア、ラウドロック、ミクスチャーなどで使用されることが多い

目的としては重たい音を出すべきとして生み出されているが、重たい音を出すにはチューニングを下げるのが効果的である

だが、チューニングを下げると弦のテンションに問題が起きてしまう

それを解消するには弦を太くすればいい

そして、6弦だけでは対応できず、7弦、8弦ギターというより太い弦を張れるギターが生み出されてきた

こういった音はドリームシアターのジョン・ペトルーシなどを聴いてみるといいだろう

 

そして次に注目したいのはビザールギターである

ビザールギターの定義は定かではないが、昔、日本が海外で流行っていたエレキギターを真似て独自に開発し、今ではレトロな印象のギターのことを言う

ただ、海外製のビザールギターもあるので、日本独自のものではない

そして、たいていのビザールギターは陳腐な作りで弾きづらい上に陳腐な音が多い

その陳腐な音がいいのだが、素人にはあまりオススメはできない

果てしなく使いづらい

ただ、手を加えて弾きやすくすれば、今のギターでは出ない独自の音が奏でられる事は間違いない

THE BLACK KEYSやクイーンズ・オブ・ザ・ストーン・エイジなどのライブを見るとビザールギターをよく見られる

様々なビザールギターが存在しているが、個体によっても様々な音がでるのでこの沼にハマると抜け出せなくなるだろう

だが、今どきのギターに飽きてしまった人はこういったギターに魅力を感じてしまうのではないだろうか

 

様々なギターを紹介したが、まだまだ数多に色々なギターは存在するし、楽器屋さんに行けば見て取れる

リッケンバッカー、フライングV、ファイアーバード、ジャガー、ジャズマスター、ムスタング…

上げてみればキリが無い

 

そして、最初にどんなギターを手にするか…

初心者が最初に買うべきギターとはなにか…

それは好きなミュージシャンと同じような形のギターを買うのがいいのではないだろうか?

やはり、愛着が湧くギターを持っていることが、ギターを弾く上で重要になってくる

値段は関係ない

楽器屋さんに行き、自分の好みで選び、徐々に弾きこなしていけばいいのである

 

だが、最後にこれだけは言っておく

楽器の良し悪しは値段と比例する

これだけは覚えておくといい

 

では健闘を祈る

 

ランキングに参加しています

ポチッとクリックお願いします

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村


音楽ランキング

音楽・PVランキング