私が考えるにギターを弾く上で一番大切なものはリズムではないかと考える

バンドというものはグルーヴ(ノリ)がよければカッコよく聞こえる

しかし、グルーヴというものはバンドの核となるドラムとベースが担えばいいのではないかとも思うが、ドラムがいないバンドもあればベースがいないバンドも世の中には存在する

そしてグルーヴとはバンド全体、全てのパートでノリを出すものである

結果、ギターもカッコよくリズムを意識して弾かなければいけないのである

そして、どうリズムを出すかはピッキング、ストローク次第というわけだ

ピッキング、ストロークがギターを弾く要となると言っていい

ピッキング、ストロークを極めるものが世界を制すのである

指板を押さえるよりも、ピッキング、ストロークをより練習した方がギターは上手くなると言えるだろう(偏見)

更には、ギターとは弦を震わせて音を出す楽器だが、その震わせる行為がピッキング、ストロークなのである

カッコいい音を出すにはカッコよく弦を震わせるのだ

そう思わないか?

 

ギターは弦が普通は6本(4本、7本、8本、それ以上のものもある)あるので、単音で弾くか、コードを押さえ和音で弾くかに分かれる

そして、弦を弾く手段だが、ピックを使ってもいいし、指を使ってもいい、はたまたクイーンのブライアン・メイは6ペンスコインで弾いていた

要は、何でもアリなのである

だが、最初は普通にピックで弾くのがいいだろう

ぶっ飛んだロックな方は色々試して自分にあったもので弾いてくれ

 

ピックの種類だが、主にこの2つだ

ティアドロップ

おにぎり型

 

単音弾きというものは弦を一本ずつ弾く方法である

さらに、ストロークは弦を複数本一気に弾く方法だ

コードストロークと言う

そして、上から下に振り下ろしてピッキングすることをダウンピッキングと言う

逆に、下から上に振り上げてピッキングすることをアップピッキングと言う

ダウン、アップを繰り返すことをオルタネイトピッキングと言う

曲の速さに応じて、ダウンだけで弾くか、オルタネイトで弾くかは分かれると思うが、ダウンとアップでは力加減が微妙に変わってくる場合もあるので、頑なにダウンだけで曲を弾くというギタリストもいる

しかし、オルタネイトピッキングは誰しもができるピッキングなのでできるようになっておいた方がいいし、腕が楽なのでダウンだけ、アップだけよりいいのではないだろうか

更に、スカなどをやる場合はアップピッキングでリズムの裏を弾いていくという奏法もある

Mっ気があれば速い曲をダウンだけ、アップだけでもいいかもしれない

更に、弦を弾かずに空振りし、腕を動かすこともある

それはカラピッキングと言うが、主に休符のところで使うピッキング方法である

オルタネイトが慣れてくると一定のリズムで弾けるようになるが、カラピッキングを挟むとリズムがズレにくいので使ったりするようだ

主にコードストロークでカラピッキングは使う

そして、重要なのは弦に当たるピックの角度である

手の構造上、何も考えずにピックで弦を弾いた場合、ピックの先が斜めに当たる

最初のうちはそれでいいかもしれないが、角度を変えると音も変わってくる

弦に並行にピックを当てた場合、ピックを持って手首側を斜めに弦に当てた場合

それぞれ違う音が鳴るだろう

どこを当てて、どんな音がでるかは色々研究してみるといいだろう

理論的に考えてみると、斜めに当たる場合はシャープな音が出る

並行にピックを当てた場合、ピックの当たる面積が大きくなるので、弦が大きく揺れ、デカイ音が出る

それぞれ持ち味があるので、曲の雰囲気などで使い分けられるようにしておくと大きな財産となる

 

そして次はピッキングのスピードである

当然、早ければ鋭い音がでるし、ゆっくりならば柔らかい音がでる

これも、使い分けられるようにしておいて損は無い

 

次は指弾きである

指弾きとは、その名の通り指で弦を弾く方法である

これも単音で弾いてもいいし、複数の弦を一気に弾いてもいい

単音で弾く場合だが、指弾きをしない方の手でコードを押さえ、指弾きをするとアルペジオと呼ばれる奏法になる

もちろん、ピックで弾いた場合もアルペジオだ

指の場合は6、5弦でベースを担う音を弾きながら、4、3、2、1弦で主旋律を奏でるという奏法も可能となる

弦をバラバラに弾くには指で弾く方がいいだろう

 

動画を作ったので今まで書いた文章を踏まえて動画を見てもらえるとわかりやすいかもしれない

それぞれやりたい音楽にそって、ピックを使うなり、指で弾くなり、6ペンスコインで弾くなりしてくれ

 

では健闘を祈る

 

ランキングに参加しています

ポチッとクリックお願いします

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村


音楽ランキング

音楽・PVランキング