音と言うものは実に不思議で興味深く、多くの音程、リズムを組み合わせて多彩な楽曲を作ることができる

そして、ギターとはクラシックギターから始まり、アコーステックギター、エレキギターと多くの音楽ジャンルで様々な様式で音を奏でられてきた

今回、ギターを弾く上で覚えておいた方がいい事だが、メジャーとマイナーである

そして、メジャーとマイナーはコードにもスケールにも存在する

そもそも、コードというものはスケールがあり、そのスケールの音を組み合わせて和音にしたものがコードである

結果、メジャースケールを組み合わせて作ったコードはメジャーコードと呼ばれる

逆にマイナースケールを組み合わせて作ったコードはマイナーコードと呼ばれる

スケールは様々な種類があるが、その数だけコードも存在し、全てを把握するのは難しいものがあるし、全て把握しなければ音楽ができないなんて事はないので、まずは一般的なメジャーコード、マイナーコードを覚えるといいだろう

以前このブログで書いた記事でローコードとハイコードがあるが、あれはメジャーコードである

まずはローコードのマイナーコードだが、ローコードでマイナーを押さえられるのは

D、E、Aだけである

表記はDm、Em、Amと書く

 

まずはDmだが

人差し指を1弦1フレット、中指を3弦2フレット、薬指を2弦3フレットと押さえる

6弦、5弦は弾かないようにしよう

 

次はEmだが

中指を4弦2フレット、薬指を5弦2フレットと押さえる

これは全ての弦を鳴らしても大丈夫だ

 

次はAmだが

 

人差し指を2弦1フレット、中指を3弦2フレット、薬指を4弦2フレットと押さえる

6弦は弾かないようにするか、親指の腹で少しだけ弦を触りミュートするといい

 

さて、これがローコードのマイナーコードである

しかし、3つしかない

他のコードにもマイナーコードというものは存在する

Cm、Fm、Gm、Bmである

これらは開放弦(0フレット)が使えない為に、以前ブログにも書いたハイコードを使い押さえるのだ

 

まずはBmだ

BmはFコードの形を下に一つズラすとできる

6弦は人差し指の腹でミュートをするといいだろう

これはFコードが押さえられるようになっていればポジションが違うだけで指の形は一緒となる

まずはFコードを押さえられるようになることが大切だ

 

そしてCmだが

これはBmが2フレットから始まるのに対し、3フレットに同じ指の形で移動すればいい

F→Bm→Cmと形を覚え、押さえられるようになれば後は移動をすればいいだけだ

簡単だろう

 

そしてFmである

FmはFの指の形から中指を外した形となる

Fが押さえられるようになっていれば、後は中指を外すだけだ

ポジションはFと一緒となる

 

最後にGmだ

GmはFmの形のまま3フレットまで人差し指が移動したものとなる

Fmが押さえられるようになれば必然とできるという仕組みである

 

このように、左手の形は同じでフレットを移動するだけで他のコードとなる場合もある

まずは、ローコード、ハイコードの形を押さえられるようにするといいだろう

 

しかし、コードを押さえるだけの練習では飽きてしまう場合がある

その場合は、まずは3つぐらいコードを覚え組み合わせて弾いてみると、いい息抜きになるのではないか

ボブ・ディランというミュージシャンがいるが、彼は3コードで曲を作る天才である

たった3つのコードを使って様々な曲を作り上げてしまう

3コード侮るがたしである

話はそれたが、以前の記事にも書いたコードは最低限覚え、押さえられるようにしておいた方がいいだろう

では、健闘を祈る

 

ランキングに参加しています

ポチッとクリックお願いします

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村


音楽ランキング

音楽・PVランキング