ギターとは音がでればどんなふうに弾いてもかまわない

さらに言えば音がちゃんとでなくとも、楽曲として確立できてしまえばそれはそれで正解なのである

しかし、過去の名ギタリスト達が確立してきた礎があり、今のギタリスト達はそれを基礎とし練習し、ギターを奏でている者が大半である

予想外の弾き方をする天才はいるが、ここではまず基礎と呼ばれる弾き方を記していきたいと思っている

私の過去の経験を元に記事を制作しているので、他の知識とズレている部分もあるかもしれないが、それは了承してくれ

 

そして、今回の議題はハイコードである

ハイコードとは前回書いたローコードよりギターのブリッヂ側を使いコードを奏でる奏法となる

形としては多くの初心者ギタリストが挫折をし、ギターを弾くのを諦めると言われるF、Bのフォームを用いる

形は前回も載せたが今回も記載しておこう

上記の画像の形でフレットを移動することで音階が変わってくる

まず頭に入れておいてほしい事だが、Fとはファの事である

C→ド

D→レ

E→ミ

F→ファ

G→ソ

A→ラ

B→シ

日本ではドレミファソラシドだが、英語圏ではCDEFGABと表現され、コードブックやスコアなどもCDEFGAB表記となり、Cがこのフォームでこの位置というふうに覚えておいた方がいい

そしてコードと言うのは前にもふれたが和音の事である

Fを例に上げるとファ、ラ、ドと言う3音が上記のフォームで鳴る仕組みとなっている

Bならばシ、レ#、ファ#である

この2つの形を使い、保ったままフレットを移動することで他のEやらGやらの音が出せるのがハイコードだ

しかし、最初は人差し指で多くの弦を一気に押さえるのは非常に困難である

さらに人差し指以外も他の弦を押さえなければいけない

私もこれは苦労した

やり方としてはまずは人差し指で全ての弦を押さえる、そしてピックを持つ方の腕で人差し指以外の指を指定の位置にもっていき、形ができたらしばらくそのまま待つ、手に形を記憶させるような感覚だろうか

それを何度も繰り返すうちに押さえられるようになるだろう

押さえられるようになったら、次はフレットを移動だ

上記画像にあるようにFの場合は6弦1フレット目にFの音がある

なので、1フレット目の弦全てを人差し指で押さえる形でFコードとなる

それを踏まえて、3フレット目に移動した場合はどうなるか

3フレット目の6弦はGの音となるのでGコードとなる

 

そしてBの場合だが、Bの形はFとは異なり5弦が一番上の弦となり2フレット目を5弦から1弦まで全て押さえる形だ

Fと同様、3フレット目にBの形で移動した場合はCコードとなる

 

これがハイコードである

まずはギターを弾くにあたって最初の難関だが、頑張って練習してほしい

 

更に、今回説明したコードはメジャーコードと言う

マイナーコードというものも存在するので、それは追々ブログで紹介していきたいと思う

では、健闘を祈る

 

ランキングに参加しています

ポチッとクリックお願いします

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村


音楽ランキング

音楽・PVランキング