前回、テンションコードについて説明したが、今回はフラットファイブというコードについて説明したいと思う

記載方法は

○7-5

○m7-5

となる

-5の部分は♭5と表記される場合もある

そして、どういったコードなのかというと、5度の音をフラット(半音下げる)させるコードだ

メジャーコードの場合、1度、3度、短5度、7度となる

マイナーコードの場合、1度、短3度、短5度、7度となる

単純に5度の音を半音下げればいいだけだ

だが、5度という音は結構重要、更に安定感がある音で、この音が半音下がると不安定なコードの音となる

よって、次に安定したコードを持ってきたくなる要素があるコードだ

例えば、Aの5度から始まり、A7♭5を経過して更に下の音Gのコードというコード進行の場合、クリシェ的な使い方もできる

頭に使えばちょっとあやうい雰囲気の曲の始まりを演出できたりもする

色付けをしたり、クリシェに使えたりと色々便利なコードである

覚えておいて損はないだろう

 

では健闘を祈る