エレキギター(ベース)というものは、通常ギターアンプ(ベースアンプ)に繋ぎ音を出すものである

アンプというものはオーディオ機器にもあるが、増幅器であり、音を大きくするものである

そのアンプを使い、ギターの音を大きくして大きな会場でも音が全体に響き渡るようにしている

更に、歴史が積み重なるにつれ、様々な音色を変化させようという試みの元、エフェクターというものが生み出されてきた

今回はアンプ、エフェクターの系統をざっくりとこのブログで書こうと思う

 

まずはアンプの種類だ

アンプは元々、単純に音を大きくするだけのシンプルなものだった

だが、時代が変わるとともに様々な仕様が追加され変化していき、現代ではとても把握しきれない程の種類のアンプがある

そして、今回紹介するのは基本的なアンプだ

 

まずはコンボアンプ

フェンダー、VOX、ローランドなどが有名だろうか

ギターアンプというものはプリアンプとパワーアンプ、そして音がでるスピーカーとで成り立っている

そしてコンボアンプとはそれらが一体となったアンプの事を言う

 

次はスタックアンプだ

このアンプは上の部分にプリアンプとパワーアンプの回路が入っており、下の部分にスピーカーが入っている

なので、上の部分と下のスピーカー両方無ければ音が鳴らない仕組みとなっている

 

更に、プリアンプだけのものや、パワーアンプだけのものも売られており、それらは組み合わせて自分の好みの音を作れる

細かい説明をすると、プリアンプとは音色を調整できる回路でイコライザーが付いている

そして、パワーアンプは単純に音を大きくする回路となり、ワット数が大きくなれば出せる音量の大きさも変わってくる

そして、プリアンプ、パワーアンプからスピーカーに繋がり大きな音が出るという仕組みだ

これがアンプというものだ

ベースギターに関しても大抵一緒だが、音域が違うので、ベースに適した音域のものが開発され、ベースアンプとして売られている

そして、クリーンで音を出すだけではなく、アンプ自体で歪ませる事ができるものが大半を占めている

エフェクターで歪ませる派か、アンプで歪ませる派とこの世界は二通りにわかれるだろう

更に、アンプは真空管で音を増幅しているものと、トランジスタで音を増幅しているものがある

真空管アンプの方が温かい音が出ると言われているが、今はモデリング技術の向上でトランジスタアンプもかなり真空管アンプに近い音が出たりもする

これらは好みの問題だが、私自身の経験から真空管アンプの方が音ヌケがいい

 

そして、エフェクターだが、エフェクターとは様々なものがある

今回は代表的なものだけ紹介していく

 

まずは歪み系

オーバードライブだ

オーバードライブとは音を歪ませるエフェクターとなる

ものによっては深い歪みをえられるものもあるが、基本的にはクランチ程度の歪みを作る時に使われる

有名なミュージシャンで言えばStevie Ray Vaughanの音がオーバードライブで作った音ではないか

聴いてみるといい

 

次はディストーションだ

先程のオーバードライブでは歪みが物足りないと思ったら、ディストーションを使うといい

オーバードライブより更に歪み、そしてコンプレッション感が加わる

ものによって変わってくるが、キメの細かい歪みが特徴である

有名なミュージシャンで言えばNirvanaのKurt Cobainの音がディストーションで作った音ではないか

聴いてみるといい

 

そしてファズだ

ファズは最初の歪み系と言われているが、昔アンプをフルアップさせて音が歪んだものを元にして作られたと言われている

音は荒々しくキメの粗い、凶悪なサウンドを出せる

有名なミュージシャンで言えばJimi Hendrixの音がファズで作った音ではないか

聴いてみるといい

 

先程は歪み系のエフェクターだったが、次は残響系のエフェクターとなる

最初はリバーブだ

リバーブとは残響の事である

お風呂で音が跳ね返ってくるあの感じを出せるエフェクターとなる

アンプにも付属されていることが多い

シューゲイザー系のギタリストがよく使う手法だが、ファズと組み合わせて音の壁を作る事もできる

 

次はディレイだ

ディレイは残響音を出せるエフェクターとなる

やまびこのような感じと言えばわかるだろうか

音を繰り返して出す感覚だ

 

次は揺れ系のエフェクターを紹介する

まずはコーラスだ

コーラスは音を少しだけ遅らせ、その音を変化させて原音とミックスさせて出すものだ

音はキラキラした感じとなる

私はあまり使わない

 

そしてフランジャーだ

これはジェットサウンドを出せるエフェクターだ

飛び道具として使うことが多い

 

次はフェイザーだ

フェイザーはシュワシュワした音が特徴だ

カッティングをする時などにかけるといいシュワシュワカッティングとなる

深くかけ、ソロなどで使ってもいい

 

次はトレモロ、ビブラートだ

このトレモロとビブラートは非常に似ているが、違う

トレモロは音を左右に揺らすエフェクターとなり、ステレオで出力しないと本領を発揮しない

そして、ビブラートは音程をほんの少し定期的にズラして音を揺らせるエフェクターとなる

どちらを使うかはキミの感性次第だ

 

次はフィルター系のエフェクターだ

代表的なものはワウだ

これはチャカポコする

足でペダルを踏んだ度合いによって音が変化する

チャカポコという歌詞の元となった音が出るエフェクターだ

更にオートワウという定期的に音をチャカポコさせるものもある

 

そしてダイナミクス系だ

コンプレッサー、リミッターがある

コンプレッサーは小さい音を持ち上げ、音量を揃える効果があり、更にサスティンを伸ばすという効果もある

深くかければパキパキした音となる

逆にリミッターは強く弾きすぎた音を押さえて音量を揃える効果がある

どちらも似たような効果を得られるエフェクターだ

カッティングなどする時に重宝するが、荒々しく荒ぶったプレイをするものにとっては必要は無いものかもしれない

 

そしてハーモニー系だ

オクターバー、ピッチシフター、ハーモナイザーなど様々なものがある

これらは原音の音程を上げたり、下げたり、原音+高い音、低い音を出したりと多種多様なものがある

使い方はキミの感性でかなり広がるだろう

 

そしてボリューム系だ

ボリュームペダルにイコライザーとブースターとあるが

ボリュームペダルは単純にボリュームを足元で操作できるものだ

イコライザーはその名の通りイコライジングができるエフェクターである

そしてブースターは音量を上げるエフェクターだ

このブースターというものはナチュラルに音量を上げるものと、少し歪んで音量を上げるものがある

主にソロなどで音量を稼ぎたい時に使われることが多い

 

これらをシールド(コード)で繋ぎ合わせて自分の音を奏でることができる、いわばエフェクターはギタリストにとっては兵器ではないか

 

そして、エフェクターと呼ばれるものはアナログかデジタルと分けられる

アナログの方が温かい音がでると言われるが、デジタルの方は多種多様な音が出たりもする

コンパクトエフェクターは使う種類、アナログを選ぶかデジタルを選ぶかで無限の音色を出せるだろう

 

更にはマルチエフェクターと呼ばれるオールインワンのものも存在する

出している会社によって入っている種類のエフェクターは違うが、マルチエフェクターが一台あればありとあらゆるエフェクターを使えるという代物だ

だが、私の耳がおかしいのか、マルチエフェクターはコンプ感が強く、音の芯が無くなるような音に聞こえる

なので、私はコンパクトエフェクター派だ

だが、持ち運びはこれ一台でいいので楽である

だが、デカイものはデカイし重い…

一長一短である

 

様々なエフェクターがあるが、過去には伝説の音として語り継がれ、生産中止となり中古でオークションなどで高値で売られているものもある

有名なミュージシャンが有名な曲で使うと値段が上がりやすい

だが、逆に不人気エフェクターとして安値で売り買いされているものもある

更には、昔の作りが良いエフェクターをコピーして安値で売っているものも出回っている(違法ではない)

そして、自作エフェクターといい、自分でエフェクターを作ってしまうものも昔流行ったものである

私も過去にファズを作った

 

これらエフェクターはどんな音が出るかは今ならYou Tubeなどにたくさん出ているが、実際の音とはまた別に聞こえる場合もある

なので、楽器屋さんで試奏をさせてもらい、買うというのもいいだろう

エフェクターは沼である

一度ハマってしまったら中々抜け出せないが、自分の求めている音を見つけ出せた時は最高の興奮を覚えるのではないか

 

それでは健闘を祈る

 

ランキングに参加しています

ポチッとクリックお願いします

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村


音楽ランキング

音楽・PVランキング