今回はセブンスというコードについて説明したいと思う

コードと言うものはそれぞれ名前がついているのだが、最初の英語がドレミファソラシドとなり、その後にメジャー、マイナーなどの表記が付き、更に7度、6度の数字が付くもの、更にはテンションコードと呼ばれる数字が付くものがある

まずは7の数字が付いたセブンス・コードを覚えるといい

だが、なぜ数字なのか、それを説明しておこう

コードと言うものはスケールの構成音を複数含んだものとなり、ドレミファソラシドで考えた場合、音階が変わるごとにドだのレだのと表記を替えなければいけない

だが、1度(ルート)を決めた後、その後の音階を数字に置き換えることによってどの音にも対応して表記ができるように考え出されたものだ

下記の表を見てくれ

 

この表は指板となっていて、それぞれ数字が書いてあるが、Rと書かれた箇所がルートとなり、E(ミ)の音だ

ギターはレギュラーチューニングの場合、こういう仕組みで音が出るようになっている

そして、セブンス・コードと言うものは通常の3和音(R、3度、5度)のコードに7度の音を入れたものを言う

指の構造上、7度を押さえた場合に他のRや3度や5度のどれかを押さえられない場合でもセブンスコードとなる

今回は基本となる押さえ方を伝えよう

 

まずはセブンスコードだ

6弦がルートの場合のセブンスコードとなる

画像の○の中には英語のドレミが入る

Aならば「A7」となる

7度の音がフラットしているが、フラットはつけずに普通にセブンスと呼ぶ

以前ブログでFのコードを教えたが、その小指を外したものだ

Fのコードを押さえられるようになっていればすぐに押さえられるようになるだろう

 

そして5弦ルートのセブンスコードだ

こちらは5弦がルートとなり、6弦は人差し指の腹でミュートをする

この形はBのハイコードの形で中指を使わずに、4弦を薬指、2弦を小指で押さえる

そして、それぞれの指の腹で下の弦を触らないように注意しよう

多少難しいが、これから先使うので覚えておいた方がいい

 

そしてメジャーセブンスコードだ

表記は先程伝えたように○にドレミのCDEが入り、AならばAM7となる

他にA△7と表記する場合もある

そして、特徴としては、先程7度の音がフラットしていたが、それが通常の7度の位置となり、セブンスコードをシャープ(メジャー)させた事により、メジャーセブンスと呼ぶ

形としてはFコードの変形的な形となり、5弦を小指、4弦を薬指、3弦を中指で押さえる

複雑だが頑張って押さえられるようにしておこう

 

そして5弦ルートのメジャーセブンスコードだ

こちらは先程の5弦ルートのセブンスコードと同じく、人差し指の腹で6弦をミュートして鳴らないようにしておく

そして先程伝えた5弦ルートのセブンスコードで使わなかった中指で3弦を押さえる

後は、4弦は薬指、2弦は小指だ

 

次はマイナーセブンスコードだ

表記はこれまでのように○にABCを入れ、AならばAm7となる

このマイナーセブンスコードと言うのはマイナーコードにフラット7度を足したものとなる

7度がフラットしたわけではないのでごっちゃにしないようにしてほしい

形としてはFマイナーの形から小指を外したものとなる

Fマイナーが押さえられれば簡単に押さえられるコードだ

 

そして5弦ルートのマイナーセブンスコードだ

これはこれまでの5弦ルートのコードと同じく、人差し指の腹で6弦をミュートして鳴らないようにする

そして、ハイコードのBマイナーの形から小指を外したものとなる

さらに言えば、6弦ルートのマイナーセブンスコードを一つ下にズラしただけである

 

そして次はマイナーメジャーセブンスコードだ

表記は○にABCを入れ、AならばAmM7となる

他にはAm△7と表記する場合もある

ややこしいのが、マイナーとメジャー両方の名前がついている事だ

だが、マイナーコードにメジャーセブンスが加わったものと理解するとわかりやすい

3度がフラットするとマイナーコードになるのだが、それに7度の音が加わったものだ

先程のマイナーセブンスの7度の音が半音高くなったものとなる

押さえ方としては4弦を中指、5弦を薬指で押さえるといいだろう

簡単なようにみえてなかなか難しいが、習得しておくと便利だ

 

そして5弦ルートのマイナーメジャーセブンスコードだ

まず6弦は人差し指の腹でミュートしてくれ

これはなかなか押さえるのが難しいコードとなる

4弦を小指、3弦を薬指、2弦を中指で押さえるといいだろう

頑張って習得してくれ

 

他のポジションでもセブンス・コードは何種類か押さえ方があるが、まずは上記のものを覚えておくといいだろう

だが、コードチェンジの際に押さえやすい他のセブンスコードの押さえ方や、響きが違うセブンスコードもあるので、色々覚えて使い分けていくのもいいだろう

 

では健闘を祈る

 

ランキングに参加しています

ポチッとクリックお願いします

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村


音楽ランキング

音楽・PVランキング